モックンモーガンフィールドのミッドナイトシネマクラブ
大阪の40男、モックンモーガンフィールドが自分の足元を確認するために見てきた映画のお話と、それにまつわるよもやま話を紹介していきます。

Big_kirakira_5

Big_kirakira_5
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.15 アキレスと亀
アキレスと亀 [DVD]アキレスと亀 [DVD]
(2009/02/20)
ビートたけし樋口可南子

商品詳細を見る



子供の頃、よく言われたことの一つに
『貴方はやったらできるのに!』という言葉があります。
そうなんです。
やれば、おおよそのことはできるんです。
みんなそういわれたことがあるはずです。
思えば、子供の頃って、誰もが平等に
無限の可能性をもってるんですね・・・
なんて言えば、この主人公の親とおんなじになるのか・・・

アキレスと亀
永遠に追いつけないジレンマ・・・・
それにしても、この人何が言いたいのかな?
この映画売れなきゃ、シャレにならん状況のはずなのに
こんなバカバカしくて、難しくい問題をテーマにしちゃって・・・

けど、やっぱり好きです、この独特の間合いというか空気というか。
ミョウな時間の流れみたいなもの。

つくづく思うに、表現者って選ばれた人しかやっちゃいけないのかもしれませんね。
選ばれもしないのに立候補して、自分でやる!なんてこと言い出したら
人生というか人間のバランスをくずしちゃうのかもしれません。
無理がたたるんでしょうね。
周囲に対してあまりにも、敏感に感じすぎるから、
自分だけじゃ受け止められないから、何か表現せざるを得なくなって
絵とかメロディとかリズムとか言葉とかがあふれ出してきて
他の人にも一緒になって受け止めてもらわなくちゃ、しんどくてしょうがない・・・
そんな人だけが許されるのかもしれませんね。
そんなに感じる能力もなかったら、考えるだけ考えて
クスリ使ってなんか感じようとして、あげくの果てに体も頭もこわして・・・

娘の死を前にして、何かやりだすのは
実際に父親をなくしたこの人が、考え出したギャグ
『焼き方はミディアムで・・・』にも通じる、おそろしいギャグを思い出させたりして、
何だか、傑作なのかズッコケなのかよくわからんデキです。
あんまり話題にならなかったのわかります。

けど、やっぱりこの人も”カミ一重”に人なのかも・・・

アキレスと亀


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://morganfieldcinema.blog103.fc2.com/tb.php/114-ef9089c2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。