モックンモーガンフィールドのミッドナイトシネマクラブ
大阪の40男、モックンモーガンフィールドが自分の足元を確認するために見てきた映画のお話と、それにまつわるよもやま話を紹介していきます。

Big_kirakira_5

Big_kirakira_5
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グラン・トリノ [DVD]グラン・トリノ [DVD]
(2009/09/16)
クリント・イーストウッドビー・バン

商品詳細を見る



やっぱりスゴイですね、このクリント・イーストウッドっていう人は!
ありふれた誉め言葉で申し訳ないんですけど、早送りしなくてすむ映画です。
黒澤明がいつかインタビューで答えてましたが、
フィルムを編集するのにどれくらいカットするのか、手でおおよそわかるらしい。
きっとこの人もわかるに違いない!と思えるほどの職人技です。

それにしても、ミリオンダラー・ベイビー
ミスティック・リバー
そしてこの作品も決してハッピーエンドじゃないけどちゃんと救われた気分にんれます。
悲しい結末だけど、ダーティ・ハリー見た時よりも明るくなれるのは
やはり、年の功か、人生捨てたモンじゃない!とこの人も思ってるからなのか・・・
車で何かを物語れるアメリカ社会って、悪くないじゃない!とも思えます。
それにしても、車なんてと最初からあきらめきってしまってる
今の日本の社会のやりきれなさとリンクしてしまうのは私だけでしょうか・・・

大人が世の中に対して何かを伝える、いい映画です。
その伝えるべき相手を東洋人にしたのは、この人の
朝鮮戦争への贖罪意識があって、あの世に召される前になんとかしとかなきゃ
って実生活でも思ってるからなのかな?
”年をとるって、悪くないな・・・”そんな風に思わせてくれるこの人は
もうしばらくしばらく、現役でいて欲しいですね・・・

ストーリーはいつものコレ⇒グラン・トリノ - goo 映画


グラン・トリノ

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://morganfieldcinema.blog103.fc2.com/tb.php/126-d8a6505d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。