モックンモーガンフィールドのミッドナイトシネマクラブ
大阪の40男、モックンモーガンフィールドが自分の足元を確認するために見てきた映画のお話と、それにまつわるよもやま話を紹介していきます。

Big_kirakira_5

Big_kirakira_5
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天使のくれた時間 デラックス版天使のくれた時間 デラックス版
(2004/11/25)
ニコラス・ケイジティア・レオーニ

商品詳細を見る


もしもあの時、別の選択をしていたなら・・・
それをもしもやりなおせるなら・・・

そんなワケないのはわかってるけれど、考えてしまいます。

思えば、人間てそんなふうに考えるからこそ、映画やら小説やらがすきなんでしょうね。
ありえたかもしれないもう一つの人生・・・
ファンタジーとしては申し分ありません。
ありえないから、自分を慰めたり励ましたり勇気づけたりするすべを考えてきたんでしょう。

スクリーンの中だけ、モニター画面の中だけのことだから
夢見るくらいいいんじゃない?
なんてちょっと投げやりでしょうか。
けれど、人間てみな同じようなことを考えては繰り返しているんでっしょう。
だからこそ、アメリカ合衆国の重要な輸出産業としてのエンタテイメント映画が
成立するんです!
そしてそのマーケットは世界中で・・・・

要するに、ありふれた話だけどイイお話で
ありふれたハッピーエンドだけど、感動できるってこと?
ニコラス・ケイジの普通のパパぶりとティア・レオーニの普通の奥さんぶりが
無難でまたいいです。
ちなみに、ティア・レオーニは、個人的にかなりリアルにタイプです???
つきあってほしいんですが、無理かな???

それにしても、やり直してみたいもんですが、この人生・・・




にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://morganfieldcinema.blog103.fc2.com/tb.php/2-b6cc309f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。