モックンモーガンフィールドのミッドナイトシネマクラブ
大阪の40男、モックンモーガンフィールドが自分の足元を確認するために見てきた映画のお話と、それにまつわるよもやま話を紹介していきます。

Big_kirakira_5

Big_kirakira_5
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.03.30 心の指紋
心の指紋心の指紋
(1999/04/21)
ウディ・ハレルソン、ジョン・セダ 他

商品詳細を見る



自分の人生をふと考えさせられた映画を紹介していこう・・・
そう思って始めたこのブログでした。
大事なこと忘れてました。
大事な作品も忘れてました。
でも、本質的にはハリウッドモノが好きなんですけど・・・


この作品、監督はあの マイケル・チミノ
映画好きな方なら、もうおわかりですよね!?
ディア・ハンター”でアカデミー賞とって、”天国の門”で映画会社倒産させるくらい
大赤字食らわして、ハリウッドでは完全に干されてたけど
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン”で復活して、ジョン・ローンミッキー・ロークを世界に知らしめたけど
この映画、”心の指紋”で、またまた大コケ・・・
まったくもって激しい人です。


ストーリーは、下記の通り(ゴメンナサイ、そのまんま抜粋です・・・)

『出世を約束されたエリート医師、マイケル・レイノルズ(ウッディ・ハレルソン)は、
 少年時代にガンで苦しむ 兄の生命維持装置を停止させた過去がある。
 レイノルズのもとに、凶悪犯の少年、ブルー(ジョン・セダ)が患者として護送されてくる。
 そんなブルーも末期のガンを患っていた。

 原住民族との混血児であるブルーは脱獄して祖先の地を目指す。
 あらゆる傷をいやす湖があるという伝説があるからである。
 そしてその人質としてレイノルズが拉致される。
 やがてブルーの容体が悪化。
 その苦しむ姿に兄を思い重ねたとき、レイノルズは決意するのだった・・・。』


拉致された医者が、犯人と一緒になって・・・って読めるパターンなんですが
泣けるんです、これが!
生きるってことの意味を考えさせられてしまうんです、これが!!
人の命を助ける医師が、脅かされて、その犯人が安らげる死に場所を
いっしょになって捜してやる・・・

大赤字の作品だったそうです。それも何となくわかります。
一般ウケしないでしょう、この作品はやっぱり・・・
こういう、わかる人だけに深くわかる作品て、儲けようとしたら
やっぱりダメなのかな?

まだDVDソフトがそんなにたくさん発売されてなかった頃
買ったDVDの1本です。
たぶん配給会社が、ちょっとでも赤字の穴埋めするために
権利を売り飛ばしたかなんかの事情なんでしょう・・・


なんて裏事情はドーでもいいから、見てあげて!
最後はちゃんと泣けますから!
この作品でウッディ・ハレルソンのこと見直しました。
動画はさがしたけど、ありませんでした・・・


マイケル・チミノってこんな人です↓
マイケル・チミノ

もう一回この人に、なんか作らせてあげてください!!!



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】人気ブログランキングPネットバンキング

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://morganfieldcinema.blog103.fc2.com/tb.php/22-0e73a899
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。