モックンモーガンフィールドのミッドナイトシネマクラブ
大阪の40男、モックンモーガンフィールドが自分の足元を確認するために見てきた映画のお話と、それにまつわるよもやま話を紹介していきます。

Big_kirakira_5

Big_kirakira_5
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MrR.デスティニー



子供の頃、野球選手になることが夢でした。
憧れは、全盛期を過ぎてはいたものの、やはり、長島

   因みに、親戚のお兄ちゃんが、その夢を叶えて、
   ホントに今、”世界の”と一緒に野球をやっています。
   ”東京オリンピック世代”にとっての ”ジャパニーズ・ドリーム”ですね・・・

中学2年生の秋、野球部に在籍していましたが、
2年生中心の新チームによるスポーツ地区大会が開催されました。
野村克也に憧れていたちょっとシブイ?野球少年の私は、
キャッチャー志望でしたが、夏休み中の宿題であった、
セカンドまで矢のような送球をするという課題をクリアできず、
とりあえず、ライトで8番というギリギリのポジションで、試合に出場できました。

開催地は母校、そして決勝まで進みました。
そして試合前、ウォーミングアップをしてる我々の前を通り過ぎたオッちゃん・・・
そのオッちゃんのジャンパーの左胸には、”TOYO”の文字!
兵庫県のイヤ全国の野球少年なら知らないはずはない!

『オイ、東洋大姫路の先生が来てるぞ!
 あれは絶対にスカウトに来てるんやぞ!』
その年の夏の甲子園の優勝を勝ち取った野球の名門高校のロゴ入りグランドコートに
野球少年たちは、一気に色めきたちました。

試合は進んで4回表。

    軟式野球経験者ならご存知でしょうが、
    右打者が、振り遅れるとセカンドとライトとセンターの中間地点くらいに
    つまったフライがあがります。
    一瞬でも判断をあやまると、ラッキーなポテンヒットとなります。

    夏が終わり、キャッチャーをあきらめてから、
    ライトにまわされた私にとって最も苦手なパターンでした。

4回表、その恐れていたフライがあがったのです。
勢いよく前にダッシュしようとして、ボールを見上げたけど、何だかいつもとちがう・・・
秋晴れの青く、ホントに雲一つなく青い空に、ボールは吸いこまれていきました。
あわててバックで、引き返したもののすでに遅く、バンザイ状態・・・
ボールは転々と外野深くに転がっていきました。

一番恐れていたパターンのエラーを、
外野手として最も恥ずかしい不細工なバンザイで
犯してしまった14歳の少年に、気を落ち着かせるなどムリなことです。
全くアガリきってしまったまま、相手チームにやじられまくり
完全に舞い上がってしまった状態・・・

そして不運は続きます。
続くバッターがセカンドへ鋭いライナー性のゴロ。
ライトの私が、カバーに入りましたが、二塁手のグラブをはじいたボールは
センター方向にずれていきました。
直前のエラーで体が硬直した私は思うように動けないまま、
おっかけましたがグラブは届かず、それどころかカバーに入ったセンターとガッチンコ!

ベンチから監督の怒鳴り声。
即交代。
当たり前です。
あんな心理状態で、プレー続行はムリに決まってる・・・


陽が傾く頃、試合を終えた他の運動部の部員たちが戻ってきだし
全校生がグランドを取り囲んで見守る中、無事優勝・・・
憧れの女子バレーボール部のミキちゃんは、私でなくマウンドを守りきった
タツオ君を見つめていました。
私は?ベンチで道具の片付け・・・

野球少年の夢が、かすみ始めた瞬間でした。

試合が終わり、片付けをする夕陽の中、東洋大姫路のスカウトらしきオッちゃんを
探しましたが、すでにいませんでした。
そのオッちゃんがスカウトかどうかは、未だにわかりませんが、
その6年後、一つ年下の後輩が、東洋大姫路から甲子園出場を果たしたのは事実・・・




もしも、あのボールを打てていたなら、オレの人生は全く違ったモノになったかもしれない。
そう、”あり得たかもしれないもう一つの人生”を歩んでいたかもしれない・・・
そこから始まる、ディズニーのファンタジー映画です。

考えてもままならないことなのですが、古今東西、人間て考えることは
同じなのかもしれませんね。

ジェームス・ベルーシが、ごくフツウのいいお父さんです。
リンダ・ハミルトンも、優しい良いママさんです。
ターミネーターとは、ホンマえらい違い!
ラストのマイケル・ケイン、すごくいい!


そいでもって、ああ・・・
これも業界の事情なんでしょうね、きっと・・・
DVDどころか、VHSも現在販売されてません。

ツタヤの中古品販売でVHSを手に入れましたが、もう店にも置いてないのかな・・・


人生ってやりなおせるはず。
そんな気持ちを思い起こさせる名作です!
せめて、ユーチューブでどうぞ・・・


MRデスティニー




にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ人気ブログランキング【ブログの殿堂】人気ブログランキングPネットバンキング
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://morganfieldcinema.blog103.fc2.com/tb.php/31-0f2b61db
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。