モックンモーガンフィールドのミッドナイトシネマクラブ
大阪の40男、モックンモーガンフィールドが自分の足元を確認するために見てきた映画のお話と、それにまつわるよもやま話を紹介していきます。

Big_kirakira_5

Big_kirakira_5
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07.25 許されざる者
許されざる者許されざる者
(2008/04/11)
クリント・イーストウッド

商品詳細を見る



私が映画を判断する材料の一つは、げんきづけられるかどうか。
それともう一つあります。

ビデオやDVDで見るとき、早送りせずに済むかどうか・・・

この人、クリント・イーストウッドの監督する映画のいいところは
早送りしなくてもいいところ・・・

たぶん、人間が映像を楽しむリズムというものを
本能的にわかってる人なんじゃないでしょうか?
スティーブン・スピルバーグ黒澤明、そしてこの人の映画の共通点だと思います。

で、この人の銃撃シーンはとにかく、リアル!
カッコいいというより、かなり現実的に生々しく描いてくれたりするものですから
けっこう重かったりする・・・

それにもまして、この映画重い・・・
けど、その重さがまたいい・・・
モーガン・フリーマンがまた、その重さに拍車をかけてるのがまたいい。
ジーン・ハックマンの嫌な保安官ぶりもまたいい。

水野晴夫さんもおっしゃられてましたが
要するに、職人なんです、映画作りの。

おまけに、ワーナー・ブラザーズの副社長と”マブ達”なもんですから、
『ええ脚本あるから、1本撮りたいねん。
 ちょっと10億程用意してくれんか?』
なんてすぐに作れる・・・

さすがに、“ミスティック・リバー”の内容を聞いた時は、その副社長も
躊躇したらしいです。
なんてったって、幼児強姦しかも男の子で、親が半分病気ってな内容でしたから・・・

それでもこれでも、きっと
『まあ、オマエのこっちゃから大丈夫やろ・・・』
なんて言ってもらってるんでしょうか。


内容?あコレ⇒許されざる者(1992)(1992) - goo 映画


年老いた賞金稼ぎで、昔の連れと一緒に最後のもうヒト稼ぎしようと
出かけたものの、イロイロとツライことが多いようで・・・
決してヒーローでも何でもない男、”許されざる者”・・・
要するに自分自身のことですね。

見たのはもう十年前になるんですが、最近このテのものが
やけに胸にしみます。

齢四十にして、ようやく人の痛みってもんが、伝わってくるようになってきたんでしょうか・・・


ジワーっというより、ズシ~~~ンと来る映画です。
カッコよく死ぬことより、正に”運悪く”生き残ってしまい、
自分が犯してきた罪と、殺してきた悪人たちの亡霊と、見殺しにした友人と
みっともなく生き続けていかなきゃならない、重さ・辛さ・やるせなさ・・・
いっそののこと、死んだほうがラクだったのに。


【許されざる者】



ランキングに参加してますご参考になりましたらご協力をお願いいたします
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ人気ブログランキング【ブログの殿堂】人気ブログランキングPネットバンキング




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://morganfieldcinema.blog103.fc2.com/tb.php/72-36ce9b87
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。